こんにちは
ささかまです。

春イベントを利用して、8年ぐらい所持していた、
「メイル[1]」にセットされていたマルクカードを
「ディアボロスローブ[1]」に合成精錬しようと思ったら、
装備可能な職業の制限により合成できない事実が発覚!

40秒ほど悩んだ末、「コットンシャツ[1]」を介して
ルーンナイト→アークビショップと2キャラクターで
合成精錬を行って解決しました。
少し手間はかかりますが、とくに異なる種類の武器で
合成精錬をするときに使われているプチテクニックだそうなので、
みなさんも試してみてください。

さて、春イベント真っ盛りではありますが、唐突に担当さんから
「ガンホーフェスティバル2014で
入場チケットを配布予定の
スペシャルダンジョンを見せてあげよう!」

という、ステキなご提案をいただきました!

スペシャルダンジョンはこちらの説明では、
特殊効果のエンチャントがされる記念アクセサリーがもらえたり、
20時間に1回入れて、MVPやギルドダンジョンのモンスターと戦えたりと、
なかなか魅力的な内容なのですが、詳細が発表されていないため、
気になっている方も多いはず。

そんなわけで、個人的に気になる部分などを、
テストプレイで拝見してきました!

まず、スペシャルダンジョンは「ひとりでも遊べる」をテーマに、
数々の「支援装置」が置かれています。
支援装置には、攻撃力アップや回復などのほか、
01
状態異常を与える効果を持つトラップのようなものもあって、
02
誘導して接触させれば、モンスターの足止めや属性変化が狙えます。
しかも、妨害用の支援装置は一定時間で復活するので、何回でも使用可能!

03
1つ目の練習ステージを含めて、ステージは全部で4つ。
2ステージ目は、マップ中央に登場するキーモンスターを
討伐する(クリア条件)までは、普段はギルドダンジョンにのみ生息している
モンスターが決められた場所に出現するようになっているそうです。
時間が許す限り倒し続ければ、カードゲットのチャンスも……!

04
3ステージ目では、MVPモンスター(ランダムで1体)との戦闘が待っていますが、
こちらにも支援装置が多数配置されています。
05
この装置を使えば、MVPモンスターも状態異常にできるほか、
06
直接ダメージを与えるタイプもあり、攻撃力の低いキャラクターでも
07
ひとりでMVPを討伐できます。
もちろん、普通に戦える方は装置なしで倒してもオーケー。

編集注:名前は異なりますが、ステータスやドロップアイテムは
    通常のMVPモンスターと同じです。



そして最終ステージでは
生体工学研究所のモンスターたちが、
RJC風の陣形で待ち構えています。
08
こちらも支援装置でスタンが狙えるだけでなく、
特定の職業で挑んだ場合はHPが少ない状態で出現する
といったオマケ要素もあるようです。

ダンジョンで手に入るオリジナルアクセサリーアイテムについては、
機会があったら改めてご紹介したいと思います!

では、本日はこの辺で!

■ささかまさんのプロフィール
オープンβテストの頃から「ラグナロクオンライン」の世界に生息中の、
オフィシャル練り物ライター。
挨拶やお祝いの言葉を「ー」と略すほどのものぐさ加減で、
日々フリーダムなチャット&バトル生活を満喫中。
記事内容はできるだけフリーダムにならないようにがんばります。