以前のフィゲルとともに実装されたモンスターレース。
フィゲルの街中には、よくモンスターレース用のアナウンスが聞こえてきます。
モンスターレースをしたことがない人でも、
クエストやオーディン神殿に行く途中などで、きっとチラッと見たことがあるでしょう。
今回のお題は、そのモンスターレース。
なぜそれをオススメするかといえば、この報酬でもらえる不思議なメダルによって、
巨額の価値を持つ装備か、大量の経験値を手にすることができるからです。
ただし、すべてはアナタのリアルラックしだい(笑)。
でも、運がなくても時間をかければ、いつかは到達できる……ハズ……。

モンスターレースには、シングルスとダブルスの2種類があります。
どんなものかと言えば、いわゆるモンスターを使った競馬みたいなものです。
シングルスならば、6匹の中から1位になるモンスターを予想。
ダブルスならば、6匹の中から1位と2位になるモンスター(順不同)を予想。
レース会場への入場に2,000ゼニーかかりますが、それ以外費用はかかりません。
2,000ゼニーで入場して、チケットをもらって、結果を待つ。
当たったときは、チケットを交換用NPCに渡せば、不思議なメダルと交換できます。
シングルスならば4枚。ダブルスならば15枚。
ちなみに、シングルスとダブルスのレース会場は別物。
どちらも、時間によって開催されているので、1度終わったら次の開催まで待ちます。


20cb6549.jpg









こちらが会場の入口となるNPC。左にいるエカル・イルバードがシングルス。
右にいるエカル・イルニスがダブルスのレース会場への入場担当。



d49800c3.jpg
シングルスとダブルスの開催時間は、レースの結果によって徐々にずれていきますから、
運がいいとダブルス終了直後にシングルスの会場に入り、シングルスが終わって戻るとダブルスが始まる、というようにハシゴできることもあります。



レース会場に入ったら、開始前にモンスターの状態を数値でチェックして、
どのモンスターが勝つか予想するのですが……。

ぶっちゃけランダムです。

傾向としては、やはり数値が大きいモンスターが勝ちやすい気がしますが、
本当に目安でしかない。
当たればメダルがもらえる。しかしなかなか当たらないから困っている!
これはもはや根気の勝負。
連続で当たる嬉しいときもあれば、20回やって1回も当たらないことだってあります。
こうして当たらない状態が続くと、やがて悲痛な叫びが聞こえるわけですね!
ちなみに、ダブルスの1匹目がゴールした段階ではずれていたら、
すぐレース会場を出てシングルスの会場に向かったほうが、
ハシゴできる可能性が高まってお得だったりします。


ba8eb833.jpg



こちらがモンスターの状態画面。
幸運と体力の2項目があります。
僕は幸運か体力が極端に高いヤツによく賭けますが、
数値が軒並み低めのときは、合計値の高いヤツにしてます。
シングルスは数値が高いヤツを1匹選ぶだけだから、比較的当たりやすい……かも?



b05539b1.jpg








チケットを買ったモンスターがゴール直前で寝始めたときや、全速で長距離後退したとき、
あるいはスタート地点に突っ込んで動かないときのガッカリ感といったらもう……。
叫びたくなる気持ちもわかります。




さて、レースに当たるともらえる不思議なメダル。
これは取引不可で倉庫にも入れられません。
じゃあ何に使うの? と言ったら、アインブロックに持っていきます。
アインブロックの工場の中にいるNPC、エイペル。
彼に不思議なメダルを渡すことが、モンスターレース最大のキモなんです。

・不思議なメダル1枚をベース経験値と交換
・不思議なメダル1枚をジョブ経験値と交換
・不思議なメダルをどんどん預けて、最後にアイテムと交換


 さあ、あなたはどれがいいですか?
「どうせ経験値は少ないんでしょ?」と、お思いのアナタ。それは間違いです。

たとえば、ベース経験値で計算した場合。
キャラクターのレベルで変動はしますが、81以上なら最大の65,000もらえます。
これに戦闘教範50の効果を乗せれば97,500。
さらに公認ネットカフェ特典まで利用すれば、なんと1枚で130,000に。
ダブルスで1回当たれば15枚。つまり最大で130,000×15で経験値1,950,000。
こうなるともはや大型クエストの報酬経験値クラスです。

これは、果たして少ないと言えるでしょうか?
1枚ずつしか交換できないため、手間があるのは事実ですが、相当なものです。
そもそも狩りをするわけではないので、ステータスタイプは関係ない。
どんな職業でも、運で獲得した不思議なメダルの量に応じて経験値を得られるのです。
ベース経験値との量に差はありますが、ジョブ経験値の場合も同じ。
育成が困難な職業を、これで転生させた人もいました。
転生1次職時代の追い込みに使う人も結構いるみたいです。
最近では不思議なメダルを溜めに溜めて、公認ネットカフェに行って、
エイペルの前で戦闘教範50を使い、滞在時間いっぱいひたすら経験値をもらい続ける、
なんてことをしてる人も、実際にいらっしゃるみたいですね。


5d3c3e25.jpg









問題のエイペルさん。
彼の前に座り込んでいる人がいて、何度もショックエモが見えていたら、その人は全力で不思議なメダルと経験値を交換している証!



では経験値ではなく、アイテムを目指す場合は?
不思議なメダルが1000枚、もしくは1500枚必要です。
そんなに大量に無理! とよく言われるように、確かに相当ハードルが高いです。
でも、もらえるアイテムはなんだといったら、
1,000枚では"エベシ嵐のうねり[1]"に代表される、各種スロット付きの属性鎧。
1,500枚では"エクスキャリバー"などといったレベル4の超高級武器。
ものによっては、入手経路が完全にこれしかないものもあります。
特にスロット付きの属性鎧は顕著で、実用性が高く需要もある。
あなたのワールドでは、これらのアイテムはいくらで取引されていますか?
どこもなんだかんだで、かなり高額なのではないでしょうか?


26393ef3.jpg








道のりが長いだけに、高額装備を手にした瞬間の感動はひとしおのはず。
売って巨額を手にするか、使って高性能を楽しむかはアナタしだい。
この夢の瞬間を目指して、僕は現在進行形です。



モンスターレースをやらない人は、同じことをくり返す作業が辛いとか、
モンスターレースにかける時間があるなら、別のことをして楽しみたい、
というのが本音なんだと思います。
実際、モンスターレースをやり続けるにはかなり忍耐力がいる。
正直なところ、適度なAFKで待ち時間を有効活用する人も少なからずいます。
いわゆる"〜〜しながら"のプレイですね。
でもこれ、不謹慎かもしれませんが、ひとつの手段だと思います。
高額装備の獲得を目指す場合、そう思えるほどにゴールは遠いイバラの道ですし……。

もちろん本気でゴールを目指すのもいいですが、息抜きに使うのもいいですよ。
僕はそうして続けて、もうすぐ年単位にもなりそうな息抜きの集大成状態。
なんだか最近はゴールを目指さなきゃいけない気がしてきました(笑)。


08fe8bf8.jpg




実装後から本当にちまちまちまちま続けてきた結果がこの状態。
現在の入場料合計は大体2,000,000ゼニーくらい。
対して、獲得した不思議なメダルは約500枚。
このペースで行くと、4,000,000ゼニー払う頃にはスロット付きの属性鎧に手が届く!
長い間続けてきましたが、思えばずいぶん溜まった&レースしたものです。
でも、無事ゴールまで行けるのは、いつの日になるのやら……。





友達との待ち合わせの待ち時間、狩りの合間、クエストの合間に。
持て余した時間で少しずつ不思議なメダルを溜めて、高額装備を目指してもいい。
すぐに経験値に交換して、レベル上げの足しにするのもいい。
興味のある方、アイテムを夢見る方、レベル上げに疲れた方。
ぜひ1度、モンスターレースを試してみてはいかがでしょう?


さてさて、次回は話題沸騰中の新マップ、モスコビアに注目です。
個人的には、AGI型戦闘職にとっては素晴らしい狩場になりそうだと思ったり。
この機会に、最近あまり動いてなかったAGI型のキャラクターたちを引っ張り出して、
さっそく行って来ようと思います。
この記事が掲載される頃には、もう実装されているはず。
どうですか皆さん、大型アップデートのモスコビア、楽しんでますか〜!


b1554bfb.jpg
本日の余談コーナー。エイペルさんの容赦ない罠。
不思議なメダルをエイペルに500枚以上渡しているなら、次に渡すときは厳重注意です。
500枚以上渡していると、ヤツは交換を申し出てきます。
でも1000枚渡すまでは、交換はダメ、ゼッタイ。
応じたが最後、苦労の結晶である不思議なメダル500枚ぶんを消費して、
お世辞にも超高額とは言い難いグリッタリングクロース[1]を押し付けられます。
クリック1回orエンターキー1回で起きてしまう最悪の悲劇。
僕は彼に預けずに500枚持ちっぱなしで、交換は一括で済まそうと思っていますが、
なんだかんだで割とっていうかかなり気にしてます。
くれぐれも、ご注意ください。




■ねぎのプロフィール
趣味はゲーム、得意なことはやり込み。あまりにゲームが好きすぎて、気がつけばライターに。
ゲーム雑誌では、週刊ファミ通、ファミ通PLAYSTATION+などで、ゲームの紹介や攻略記事を執筆。
オンラインゲームはこれまで雑多に遊んできたが、本拠地は「ラグナロクオンライン」。
公式ブログを書かせてもらっていますが、社員のRoccaさんとは違い、皆さんと同じ一般プレイヤーです。
また、スクリーンショットはブログ用のキャラを使用して撮影。
いろいろなワールドで撮影させてもらっています。