名声システムが実装されてからというもの、
製薬材料の買取チャットを頻繁にみかけるようになりました。
集めた材料を売ったり、製薬品を買ったり、自分で製薬したり。
そんな経験、皆さんにもあると思います。
でも材料を自力で大量に集め、それを売ってお金を稼ぐ人は、あまり多くないのでは?
第6回はそこ。製薬材料集めの風変わりな狩りに焦点を当ててお届けします。
なぜこの題材なのか。
はっきり言いますと、やることは簡単なのに、確実に儲かるからです。

まずは初歩的なところから。
"蟻地獄ダンジョン01"
はい、古参のかたはもうお分かりですね? 卵狩りです。
蟻の卵の乱獲による空きビン集めです。
製薬を始め、数多くのアイテム作成に不可欠な空きビン。
問題の蟻の卵は、結構な確率で空きビンを落とすうえ、入口付近に群生してる。
さらに、倒しても少し待てば復活。再び群生する。
その蟻の卵を、範囲攻撃で一網打尽にすることで空きビンを稼ぎまくります。
この狩りのいいところは、よほどの場合を除いてほとんど職を問わないこと。
範囲攻撃がない2次職でも、マリンスフィアーカードでマグナムブレイクすればいい。
STR1のプリーストですら、それなりにできます。


8c689904.jpg


蟻の卵の群生地点はこの3箇所。
その場で座って卵の復活を待つ人がいることもあり、時には3箇所全部に誰かが座ってることも。
でも誰もいないときは、?@と?Aを往復すると、戻る頃にもう片方の群生地点は復活していて、ひたすら卵狩りができるのです。



a26b6b8f.jpg
範囲攻撃で一気に殲滅。空きビン拾って待つ、もしくはほかの群生地点に移動。
そうしたらまた範囲攻撃。やることはこれだけでいい。


混んでる場合は別ですが、1時間みっちりやれば、大体300個くらいは届くものです。
稼ぎやすい職業で運がよければもっともっといけます。
僕は貸切状態のときに800個くらいまでいった経験があります(笑)。

空きビンはどのワールドでも大体600ゼニー近辺が露店の平均価格。
よって、稼ぎが300個、相場が600ゼニーだとしても、180,000ゼニー。
レアアイテムはないけど、そこらの狩場の金銭効率と同等、あるいは越える。
さらにこれだけでは終わらない。
もっとお財布をいたわってくれるのが、
"モンスターを倒した時、一定確率で○○を落とす"
という効果のカード。(ミミックカード、ミストケースカードなど)
普通の狩りではこれらのカード効果はあまり感じられませんが、この狩りは別。
だって数の勝負ですもん。
剣を装備できる職業なら、同様の効果の武器もアリ。(ジュエルソード、ゼニーナイフなど)

はい、これらをフルセットで装備して蟻の卵を乱獲してみましょう。
ちなみに、一番のオススメは古く青い箱が出るミミックカードです。
もちろんリアルラックやワールドごとの相場にも左右されますが、
ここまでやると、大体上の金額の倍以上にはなります。
運良く古く青い箱がたくさん出るとそこらのレアアイテムもびっくりな額に。
初期投資にお金がかかると思われがちですが、何度もやれば意外と早く元は取れます。


3d3b0617.jpg








商人系はカードのセット効果を使えば、さらに古い紫色の箱も期待できる。


0e7fc954.jpg




ただし、商人系のカードセットを使う場合は、
カードセットの一部のハイローゾイストカードに注意。
運が悪いと卵がすごいのに変身しちゃいます。
もし強いモンスターが出てしまっても、しっかり責任を持って処理しましょう。



ごく稀に、卵が変身した生体工学研究所 03の強敵が闊歩してたり、
マヤパープルの襲撃を受けたりしますが、それ以外の危険はほぼありません。
レアアイテムに期待するのもいいですが、こっちは堅実に稼げます。


さて、では次はキノコ狩り。
こちらの狙いは、毒キノコの胞子。
毒薬の瓶やファイアーボトルなどといったアイテムの製造材料です。
値段は空きビンに劣る傾向にありますが、需要はあります。
キノコ狩りに最適な狩場は、知る人ぞ知る穴場。
龍之城のダンジョンの1階、"王陵"。
ここの竹林に、黒いきのこの即沸きエリアがあるのです。


fa7bd9d4.jpg






キノコの即沸きエリアは赤い丸印のところにある竹林の周辺。


もちろん、普通にキノコ狩りしたっていいです。
AGI型のハンターの高速殴りとか、スナッチャー持ちのローグでもいいです。
でもアルケミスト/クリエイターだと、ここでおもしろい狩り方ができるんです。
ということで、まずは書くよりスクリーンショット。
特徴的なキノコ狩りの様子をご覧ください。


98f16470.jpg
バイオプラントによる自動キノコ伐採


皆さんはご存知でしょうか。
バイオプラントで召喚したモンスターの攻撃でも、オートスペルが発動する。
バイオプラントで召喚したモンスターが敵を倒した時も、"モンスターを倒した時、
一定確率で○○を落とす"という効果は発生する。
ということを。

即沸きエリアは上の画面より少し大きいくらい。
バイオプラントがヒドラなのは、攻撃の射程と数の問題からです。
どんなにがんばってもキノコへのダメージは1ですしね。
こうするとキノコは高速で伐採、即沸きエリア内に即沸きして、また伐採されます。
ボルト系のオートスペルが発動するバニルミルトの帽子やファイアーブランド、
アイスファルシオンなどを装備しておくと、オートスペルで伐採速度が大幅アップ。
ちなみに、オートスペルではアルケミストのSPは消費しません。
竹林は射線が通りづらいため、ヒドラの配置にコツはいりますが、
ヒドラを置いたらアルケミストはひたすらドロップアイテムを拾い続けるだけ。
むしろ拾いきれずに消えてしまう場合すらあります。
誰か仲間に同行してもらうと、拾いきれておいしさが増します。

ただし、この狩りはほかの人がここでキノコ狩りをしていないことが前提。
先客がいるのにこの狩りを始めると、大変なことになってしまうので注意しましょう。
ここのモンスターはそれなりの強さですから、自衛できるというのも最低条件です。
仲よく譲り合いの精神で楽しみましょう。


358365e5.jpg
こちらが約1時間の戦果。これ以外に古く青い箱が2個出ました。
毒キノコの胞子以外もすごいことに……。
きのこの胞子は料理の材料にもなるので、こちらもそこそこの需要があります。




これらの狩り方の難点を挙げるとすれば、

・経験値がほぼ0に等しい
・蟻の卵のカードが非常にザンネンで、キノコはカードなし。
・同じことをし続ける忍耐力がいる


といったところでしょうか。
しかし金銭効率だけでいえば、卵もキノコもかなりのものです。
レアアイテム抜きの収集品だけで考えれば、間違いなくトップクラス。
やったことがない方は、ぜひ1度お試しください。病み付きになる……かも?

次回は忍耐力という意味では、今回に負けず劣らず。
育成にもお金稼ぎにも使えるギャンブル、モンスターレースについてお届けします。
モンスターレース会場に響く悲痛な叫びと歓喜の雄叫び。
皆さんは、聞いたことがありますか?


b3df5b9f.jpg
おなじみ余談コーナー。クリエイターの植物栽培。

上記の狩りで集めた大量のきのこの胞子でキノコを設置し、同じ要領で高速伐採。
これをくり返すと、きのこの胞子を消費して、毒キノコの胞子を追加で入手できます。
時間こそかかるけど、仲間に手伝ってもらって全キノコからスティールしていくと、
プレイヤーの忍耐力が尽きるまで延々と続く可能性を秘めた錬金術に……。
もし、アイテムのドロップ率が増加するキャンペーン中などにコレをやったら……?



コメントへの返信

ソロギルドで砦確保に挑むのは度胸がいりますよね。
GvGに関してはもう本当にタイムラグが永遠の課題という気がします。
画面の暗転が終わったら倒れていたり、スキルの不発だったりなんてのは、
犬にかまれたと思ってあきらめるしか……。
今回のキノコ狩りはやっぱり一部の玄人さんにはバレてたかな?
予想で当てられているだけに、ちょっぴり複雑です(笑)。


■ねぎのプロフィール
趣味はゲーム、得意なことはやり込み。あまりにゲームが好きすぎて、気がつけばライターに。
ゲーム雑誌では、週刊ファミ通、ファミ通PLAYSTATION+などで、ゲームの紹介や攻略記事を執筆。
オンラインゲームはこれまで雑多に遊んできたが、本拠地は「ラグナロクオンライン」。
公式ブログを書かせてもらっていますが、社員のRoccaさんとは違い、皆さんと同じ一般プレイヤーです。
また、スクリーンショットはブログ用のキャラを使用して撮影。
いろいろなワールドで撮影させてもらっています。