毎週日曜日の20時〜22時に行われるギルド対ギルドの攻城戦。通称GvG。
第5回は、このGvGに参加していない人や、知らない人に向けてお送りします。
GvG常連の人は温かい目で見てあげてください(笑)。

さて、ではその攻城戦。
何をしているのかを簡潔にまとめますと、
ギルド単位での砦所有権の取り合いです。
砦があるマップは4つ。

・ヴァルキリーレルム(プロンテラ城の上)
・チュンリム湖(フェイヨンの左)
・ブリトニア(ゲフェンの左下)
・衛星都市ルイーナ(アルデバランの左)


それぞれのマップに砦が各5個ずつあります。砦は1ワールドに合計20個。
これらの砦の一番奥の部屋に、日曜の20時〜22時の間、エンペリウムが出現します。
このエンペリウムを壊せば、その砦の所有権を奪えるのです。
でもそれで終わりじゃなく、攻城戦時間内ならすぐに再びエンペリウムが出現。
所有権を得たギルドのメンバー以外は、
エンペリウムが壊れた瞬間、一度強制的に外に出されますが、
ほかのギルドのメンバーは再びエンペリウムを壊しにやってきます。
わかりやすく言うと、これのくり返し。

エンペリウムは攻城戦が終了する22時の時点で消滅。
そのとき砦を所有していたギルドが、次の攻城戦までその砦の主となり、
さまざまな恩恵を受けられるのです。
砦というよりは、このさまざまな恩恵の争奪戦、と考えるといいでしょう。
ちなみに、攻城戦はシーズモードという特殊なルールで行われています。
テレポートなどの一部スキルやアイテムが使用不能、ダメージが表示されない、
HPが0になると強制的にセーブポイントに戻されるなど、
普段とは少し異なります。


73da3a79.jpg








これがエンペリウム。
ギルド作成用のアイテムとは違ってモンスター扱い。
エンペリウムを壊し、砦を所有するためには、ギルドスキルの正規ギルド承認が必要です。
また、エンペリウムには通常攻撃しか効きません。



さまざまな恩恵については最後に話しますが、これが本当に大きい。
だからこそ攻め手は、エンペリウムを壊し、所有権を得るために砦に侵入する。
一方、砦を所有するギルドの方は、エンペリウムを壊されないように守る。
ギルドの規模にもよりますが、どのワールドでもいわゆる大手と呼ばれる強豪ギルドなどは、
毎回ガッチリ防衛線を引いていたりするものです。


d58da28e.jpg






こちらはとある強豪ギルドさんの防衛中の図。
ギルドエンブレムを黒く染めたキャラクターは守り。赤く染めたキャラクターは敵側で、攻めています。
でも、圧倒的人数差と完璧なスキルの布陣で、部屋に入った瞬間フルボッコに!?
ちなみに、エンペリウムは見えませんが、黄色いアナウンスの上のほうにあります。



攻城戦には、攻めにも守りにもさまざまな戦術がありますが、
それについては触れだしたらキリがないから割愛します。
が、守りの戦術がバッチリ決まって砦をゲットしたときは、とてもスッキリします。
逆に攻め手では、戦術の要になる職業を倒したとき、してやったり、的な感じに。
相手もプレイヤーですから、同じ状況、組み合わせでも、
プレイヤーの操作スキルが勝敗を分けることもあって、対人戦としての楽しみの幅も広いです。
みんなでひとつの戦術を支え、フォローしあって勝ったときの感動もひとしおです。
 
でも、こうした戦いは確かにおもしろいですが、人数や職業の構成など前提がある。
そして、すべての攻城戦参加ギルドが、その前提を満たせるわけではない。
じゃあそんな人たちは、どうやって攻城戦を楽しんでいるか。
それは、攻城戦のもうひとつの顔、通称レースでしょう。
 
じつはいくつかの砦は、欠陥住宅と呼ばれたりすることもあります(笑)。
こうした砦は構造上どうにも守りづらく、時間いっぱい占領と陥落をくり返す。
もちろん、人が入り乱れすぎて、占領したギルドの布陣が完成する前に陥落、
などをくり返したりして、普通の砦がレース化することもあります。
なんでこれがレースと呼ばれるのかというと……

1.砦の入口で黄色いアナウンスを待つ
2.アナウンスが出たら一斉に砦に入り、エンペリウムまで走る
3.いろいろなギルドの人たちが大挙して押し寄せ、エンペリウムをタコ殴り
4.いずれかのギルドで黄色いアナウンスが出る→1に戻る


詰まるところ、"よーい、どん"だからです。


908e212b.jpg





黄色いアナウンスと同時に、これほどの人数が一斉に砦に。
とても防衛できるような状況ではないうえ、この集団がエンペリウムにたどり着く頃には、入口に同じような集団が……。



0dd86557.jpg











エンペリウムをタコ殴り。エンペリウムにトドメをさしたギルドが砦の所有権を得る。こうなるともはや運頼み!?


もちろん、少数精鋭によるPvPと見紛うような展開をしたり、
黄色いアナウンスでギルド名が流れる回数の最多記録を狙ったり、
レース化しそうな砦を探したり、時には集団で砦をレース化させたり、
一概にレースといってもいろいろな楽しみ方があります。
でもこれ、極端な話ですが、最後の最後のレースに勝てば、
ソロギルドでも砦を取れちゃう可能性があるわけなんですよね。
夢物語とお思いかもしれないですが、これは本当に実例が多々あります。
やってみる価値は……ある!?


さて、この攻城戦。砦をゲットするとどんないいことがあるか。
まずは、各砦マップのアジトダンジョンに入れる。
今ではおいしい狩場が増えてそれほどでもないけど、昔は数少ない超効率狩場でした。
それでも、経験値は十分においしい部類だし、
これらのダンジョンでしか出ないモンスターやレアカードがあったりするので、
価値はまだまだあります。
そしてもうひとつ。毎日収入を得られる。
ギルドマスターしか入れない部屋には、毎日宝箱が出現します。
宝箱の数は砦が持つ商業値などで決まりますが、これもお金である程度上げられます。
 

30b6bd0a.jpg






こちらがギルドマスターしか入れない宝箱がある部屋。商業値が高い砦なら、1日に入手できるアイテムのゼニー換算額はものすごいことに。
神器の材料など、この砦の宝箱からしかでない高価なアイテムも存在します。
この利益はギルド資産として運用されることが多いですが、もしレースに勝ち、個人やごく少数で砦を所有できたら……?



ということで、攻城戦について簡単にお届けしました。
攻城戦に参加するギルドがメンバー募集しているのはよくあること。
この機に、そうしたギルドに所属したり、自分たちで新たに正規ギルド承認を得るなどして、
攻城戦に参加してみてはいかがでしょう?
レースでも、本格的な攻城戦でも、まずはやってみないと始まらない。
こと攻城戦に関しては、どのワールドにも詳しい方はたくさんいらっしゃいます。
わからないことがあれば、彼ら彼女らに聞いたり、
お試しで攻城戦に混ぜてもらってもいいかもしれません。
どのワールドでも、人材不足に悩むギルドはきっと多いはず……。

さて、次回のお題は、ちょっぴり変わった狩り。
主に商人系のキャラクター、そして製薬材料の収集に使われるやり方ですが、
意外と知らない人も多いところをピックアップしてお届けします。
卵とか、キノコとか、キノコとか……、キノコとか!


a18938e1.jpg
今回の余談コーナー。雇われGvポタ子。
攻城戦で名を馳せるギルドは、どこかにベースキャンプを持つことが多いです。
そのベースキャンプにいるのが、ワープポータル係のプリースト。通称ポタ子。
やることはヒール、サンクチュアリなどの回復、ブレッシングなどの支援。
そしてワープポータルのメモ取りとメンバー転送。
でも人が足りなかったりすると、よくアルバイトポタ子の募集が出てたりします。
報酬はワールドごとにまちまちですが、大体1日2〜4Mゼニーくらいみたい。
全体人数が少ないワールドほど高値みたいですが、実働は約2時間。
これ、実は相当割がいいです。安定した収入が見込めます。
対人戦に興味が無い人は、こちらを体験してみては?






コメントへの返信

対応や修正といった内容については、僕は社員さんではないので答えられません。
個人的には妨害など残念だと思う部分もありますが、
そうした内容は公式のサポートにお問い合わせください。
もっと初〜中級者向けの情報を、といった意見もあるようですので、
今後の話題選びで参考にさせていただきたいと思います。
おもしろいネタのご提供をぜひお待ちしています。


■ねぎのプロフィール
趣味はゲーム、得意なことはやり込み。あまりにゲームが好きすぎて、気がつけばライターに。
ゲーム雑誌では、週刊ファミ通、ファミ通PLAYSTATION+などで、ゲームの紹介や攻略記事を執筆。
オンラインゲームはこれまで雑多に遊んできたが、本拠地は「ラグナロクオンライン」。
公式ブログを書かせてもらっていますが、社員のRoccaさんとは違い、皆さんと同じ一般プレイヤーです。
また、スクリーンショットはブログ用のキャラを使用して撮影。
いろいろなワールドで撮影させてもらっています。