こんばんは、ラグナロクオンライン運営チームのRoccaです。

もう3日前のことになってしまいましたが、
RWC2009、日本チーム優勝という最高の形で終了いたしました!!

Dekopinの皆さん、おめでとうございます。
そして、大きな声援を送っていただいた皆様、
本当にありがとうございました。

今回は3画面を使って、エフェクトなしでも映したり、
パーティ欄での戦闘不能確認をしたりと、
普段GvGになじみのない方でも楽しめるような工夫をしてみました。

それでも当日になってから、
「やっぱりパーティ欄が小さすぎてわかりにくい!」
となって、急遽、事務局で手作りの「残り人数パネル」を作りました。
これで対戦中、どちらが何人残っているのか、
数字でわかるようになってよかったです。
次回からはもっと大きなパネルが必要ですね。


私はこの日、各所から上がってくるトラブル対応のほか、
グラヴィティ社の皆さんの出演対応をしていました。
ちょうど、日本の第1試合がイ・ミョンジンさんの
サイン会打ち合わせと重なってしまっていて、
見られなかったのが残念です。

そのミョンジンさんのサイン会ですが、
今回、3次職の男女を1枚ずつ、計24枚描いていただきました!

皆さんへのサインを書いていただく前に、
控え室で撮影してみましたので、公開いたします!

色紙1 色紙2
色紙3 色紙4
色紙5 色紙6
色紙7 色紙8
色紙9 色紙10
色紙11 色紙12
色紙13 色紙14
色紙15 色紙16
色紙17 色紙18
色紙19 色紙20
色紙21 色紙22
色紙23 色紙24

あんまり良く撮れてなくてすみません。
サイン会の時間が迫っていて慌ててしまいました。
#良く撮りすぎても、本物をいただいた方に申し訳ないですしね!

撮影中は、「この子かわいいですねー」とか、
感想をお話していたのですが、そこで、
「ん?」
と目に留まったのがこの1枚。

色紙13

「この男の子いいです! すごい好みです!!
 ていうか、あれ? これ何の職でしたっけ…?」
「それは新しいルーンナイトです。
 そのイラストを元にドット絵も作り直します


なんですとっ!?

その情報はブログに載せても良いですか!
と確認したところ、OKをいただきましたので公開です。
新しいルーンナイトのドット絵、楽しみですよね。


さて、書きたいことはたくさんあるのですが、
キリがなさそうなので、今回はこのへんで!
また徐々に、記事にできればと思います。


ところで、この怒涛のRWC記事のせいで
すっかり影が薄くなってしまったのですが、
こちらでパッケージ用冊子の投稿を募集しております!

みなさんの「思い出のラグナロクオンライン関連グッズ」について、
ぜひぜひ投稿をお寄せくださいね!

ではまた来週!


うぇるかむ2コメントへの返信うぇるかむ1

> ゲーム内で、あまり聞かない曲の方が、喜ばれるのではないでしょうか。
> Monastery In Disguseは、名も無き島ダンジョンで流れるBGM。
> 割と流行っているダンジョンですし、聞き飽きている人もいるはず。
> 残りの2曲は、ROのゲーム中ではめったに聞くことはできません。
> あまり聞かない曲の方が新鮮味があっていいのではないでしょうか。


曲についてのコメント、ありがとうございます!
結局、「Monastery In Disguse」にしてしまいました。
場面転換して流す曲だったので、アタマにインパクトがほしいかなー
と思ってこちらに。
残りの2曲は確かにあまり聞く機会がないですから、
今後のイベントなどでは積極的に使っていきたいですね。


> さすがに遅すぎな様ですが、この曲はどうかと?
> 「Erebos'sPrelude」
> タナタワー1F・2Fの曲です。
> ほぼ、上階に行く通り道程度な方(ダンジョン自体にPT少ないかも)も多いと思います。^^
> ですが、じっくり聞くと「これから出陣するぞ!」的な行進曲にも
> 聞こえないでもないかと・・・、ないかな^^;
>
> 一応私の中で、ROかっこいい曲 堂々NO.1です。w
>
> 遅すぎコメント失礼しました。
> タイトル見てどうしても書込みしてみたかったので^^;
> (ROの曲で話すことあまりないし・・・(´・ω・))


「Erebos'sPrelude」は、RWC2009開会式の選手入場のときに
使わせていただきました。
まさに「これから出陣するぞ!」の場面です(笑)。

ラグナロクオンラインの曲は、どれもよいですよね。
人によって好きな曲も違うと思いますが、
そんなお話もしてみたいですね。


> こんにちわ
> VIOLET、すごく楽しみです。


当日も多くの方にブースに来ていただきました。
ありがとうございます!
携帯を使っての展開も、今後どんどんやっていきたいですね。