ラグナロクオンライン公式ブログ

MMORPG「ラグナロクオンライン」の公式ブログです。
旬な情報をお届けします!

ラグナロクオンライン

パッケージができるまで

83be6ed5.jpg
こんにちは、ラグナロクオンライン運営チームのRoccaです。

運営チームコラム第3回は、「初めて作ったパッケージ」についてお話したいと思います。

以前も書かせていただきましたが、私の部署の仕事のひとつに、
パッケージやラグくじなどの商品を作る、というものがあります。
昨年1月に部署異動でラグナロクオンラインに移ってきたばかりの頃、
私はまず、これらの商品を作る「マーチャンダイジング(MD)」の担当になりました。

去年前半はこのMD商品の企画が目白押しで、



・RJC2007メモリアルパッケージ
・永遠のストーリー(CD)
・RJC2007 Vol.1 -Battle for survival-(DVD)
・RJC2007 Vol.2 -Road to champion-(DVD)

と、立て続けに発売されたのですが、なんと言っても手間がかかったのはパッケージでした。

とにかく初めての制作でしたので、何もかもわからないことだらけ。

内箱は商品にあわせて1から作るものだとか(アリモノを使うのだと思ってました)、
面付の関係で、チケットのIDの印字は同じ面になければいけないとか!

箱やチケットのデザイン、
冊子の編集、
DVDや同梱グッズの制作、
箱などの製造、
流通の手配、
さらにRJC2007会場での販売、
初回版と通常版の2パターンを制作……

今ならばもう少し余裕のあるスケジュールが立てられますが、
何もかもがギリギリ、という感じでした。


さて、パッケージと言えば、毎回新しいアイテムが同梱されています。
このアイテムに関しては、チームの有志が自分のアイディアをイラストにしたり、
イメージに近い写真などを用意したりして、その中から決定していきます。

RJCメモリアルパッケージ制作時、
私は4年(当時)におよぶラグナロクオンラインプレイ歴の中で、
「こんな頭装備があったらなー」
と思って温めていたアイディアを提出すべく準備していました。

やはりイメージが湧きやすいのはドット絵だろう、と思いつつも、
私はドット絵なんて作ったこともありません。
それでも撮影したスクリーンショットを元に、ペイントツールで1ドット1ドット打って、
「なんとなくそれらしきモノ」を作って提出しました。

ユーザーの皆様の中にも、オリジナルのドット絵やFlashを
公開されている方がいらっしゃいますが、それらの素晴らしい作品と比べたら月とスッポン。
一度はここにアップしてご笑覧いただこうかな、とも思ったのですが、
やっぱりあまりにも恥ずかしいのでやめておきます(笑)。

「ペコペコのヘアバンド」は私の案、
「ひよこちゃん」はマーケティングチーム内から出たアイディアで、
この2つを頑張ってドット絵にして出しました。
「魔法のやかん」の創造主は、インタビューなどへの登場でもおなじみ制作チームの野呂さん。
「風車のかんざし」は制作チームのイベント担当者から出てきたアイディアです。
「赤いメガネ」に関しては、ちょっと記憶がはっきりしませんが、
アイテムの打ち合わせをしていた時に誰からともなく出てきたような気がします。


色々なアイディアを出していくのはとても楽しい作業で、
特にそれがパッケージ、というカタチになったときの喜びはひとしおです。
次回「6thアニバーサリーパッケージ」では、
ユーザーの皆様と一緒に作って行けたらいいな、ということで、
同梱アイテムのデザインを募集させていただくことにしました。

締め切りは5/12! もう間もなくとなっておりますので、
ぜひぜひ、ご応募くださいね!!


次回は……何をお話しようか、ちょっと考え中です。
「運営チームの食生活! 穴場のランチを一挙紹介!?」
とかやったら叱られるでしょうか(笑)。


コメントへの返信

> サルベージベベのぬいぐるみあれば抱きしめて幸せ〜
おそうじベベも、てのりポリンも、ふかふかでいいですよね〜。
第1回の写真は、ロビーにおいてあるビーズクッションのポリンです。
誰も見ていない時に、あの上に「ぼふっ」と倒れこむと幸せです。

> 全てはお客様の笑顔の為にと思います
力不足であることも多いですが、私たちも、
ユーザーの皆様に喜んでいただきたい、という気持ちが一番です。
これからも頑張りますのでよろしくお願いします。

> うちは、狩りのときも好きな見た目の頭装備だったりするのですが
> 仕事で関わってるとお気に入りの頭装備とかありますか?
一番のお気に入りは、さすらい狼から自力でGETしたウエスタングレイスですが、
仕事で関わってる中で…となると、やはり自分でアイディアを出した装備でしょうか?
特に「ペコペコの羽耳」は気に入っています。

> プレーヤーから運営の側に回る、
> その喜びも辛さは何となく分かります。
> なまじ知らなかった方が良かったりもするんですよね…。
そうですね……難しい部分もあるとは感じています。
いつかそのあたりのお話もできれば、と思います。

物語をおいしく楽しもう!

幾多のNPCが持つ物語を楽しめるクエスト。
ダンジョンの入場条件になっているものも多いですから、
皆さんもある程度はやったことあると思います。
でも、それらのクエストにはかなりのおいしさが秘められている!
というわけで、第3回はクエストについてお送りします。

最近メジャーなクエストは、やっぱり"名もなき島"の入場クエスト。
前回の"名無 3"が人気のため、すでに終えられている方も多いでしょう。
ですが、まだの方のために説明しますと、"名もなき島"の入場クエストは
ほかのクエストの完了が開始条件になっていて、かなり道のりが長いです。

まず最初はプロンテラ東側からスタートする、歴史学者にまつわるクエスト。


254649dd.jpg






クエスト開始NPCはこの少年。クエストをしていないと、ドドドドッ! と、
この少年のそばを通るたびにぶつかられて、ちょっぴり邪魔!?




次はラヘルの神殿入口の左側、大神官の邸宅から始まる、
フレイヤ大神殿聖域にまつわる3つのクエスト。


d5c44c4d.jpg







フレイヤ大神殿および、フレイヤ大神殿聖域に入場するために必要。
これらのクエストは、すでに終えられた方も多いでしょう。


そしてベインスで始まる、トール火山にまつわるクエスト。
これらをすべて終えることで、名もなき島の入場クエストを始められます。


4241a8dc.jpg






ベインスの少年、ケインから始まるクエスト。
超危険ダンジョンのトール火山を駆け抜けなきゃいけない上、
アイテムもかなり必要。歴代クエストのなかでもトップクラスに大変!? 



114fddcb.jpg









イズルード、ジュノー、ラヘル間を移動する飛行船の中が、
名もなき島の入場クエストの開始地点。上記すべてのクエストを終えていると、
NPCが出現する。


以上が、それぞれのクエストの開始地点。
最近は次の行き先を教えてくれるクエストが増えたので、ずいぶん楽になりました。
それでもわからない時は、友達に聞くか、インターネットで調べるといいでしょう。

ハイレベルなトール火山ダンジョン01を何度も往復するのは大変。
でもひたすらテレポートやハエの羽で飛び続けていれば、
運よくトール火山ダンジョン02のワープポイント付近にたどり着くこともあります。
近くに出たら、アスムプティオのスクロール、
インデュアと同等の効果があるアンティペインメント、
高速で走れる速度変化ポーションなどを使って駆け抜けるのもアリですよ。

ワープポイント周辺にモンスターがたまっている時は、時間をあけて再チャレンジ!

さて、ではこれらのクエスト。何が楽しいかというと、ストーリー。
オンラインゲームはあまりストーリー性がないですが、クエストをやることで、
NPCや世界観が持つストーリーを楽しめます。

でもそれだけじゃ、ただの娯楽止まり。1回楽しんだら終わっちゃう。
しかしそうならないのは、経験値やアイテムがもらえるからです。
クエストはほとんどが経験値を獲得でき、大型クエストともなれば経験値の量も多い。
しかもかなりの数のクエストが存在するし、戦闘教範50といった、
経験値増加アイテムの効果も反映される。

この経験値、じつは相当あなどりがたいです。
とくに育成が困難な職業やステータスタイプの場合、とても助かる。
というかぶっちゃけた話、2次職になって数あるクエストを
片っ端からハシゴしていくだけで、レベル80台には簡単に手が届きます。
80台でクエストをしても、経験値はかなりおいしいはず。

96ffaf90.jpg







複数のクエストを同時進行するのも手。
いくつかのクエストを経験値がもらえるポイントの直前で止めておき、
戦闘教範50を使って、効果時間内で一気に経験値をゲットすれば、全部1.5倍!
そりゃレベルもあがります。



そしてアイテム。これも見逃せない。
どのワールドでもそれなりの値段がついている古い紫色の箱や、
高額な古いカード帖が報酬としてもらえるものもあります。
ひとつのクエストは原則として1キャラクターにつき1回しかできませんが、
1ワールド内には5キャラクター作れます。
中には特定のアイテムや、仲間と協力する必要があるクエストもありますが、
自分のキャラクター全部でそれらのクエストをやって、
アイテムを全部露店で売ったらどうなるか。
おそらく初心者さんや中級者さんの資金不足はかなり解消できるでしょう。


2d2e36f7.jpg







手に入れたアイテムでギャンブルするか、それとも売るか。
古い紫色の箱はバルーンハットが出るようになったため、最近は値段が高騰。やはり売るか!?



ちなみに話は変わりますが、前述のフレイヤ大神殿のクエストなど、
変わった遊び方ができるクエストもあります。
こちらが入力した文面をNPCがオウム返しするため、
ギャグっぽいスクリーンショットを撮ることができちゃう。しかも何を入力してもOK!

この部分でこういう遊び方をしたのは絶対僕だけじゃないはず(笑)


51bc6b27.jpg








自分が登場するゲームを知らないとはこれいかに! いや、言いがかりですけどね(笑)。


75a64f83.jpg








正直に答えたのに……。お仕事なんだい! 変なことじゃないやい!



物語を楽しみ、特定のダンジョンに入れるようになり、レベルも上がり、お金も稼げる。
こんなにおいしい数々のクエスト。やらずにおくのはもったいないです。

まだやってないという方は、ぜひお試しください!
もうやったという方も、ぜひインターネットなどでもう1度調べてみましょう。
大型アップデートのたびに、おいしいクエストがどんどん増えてます。
仲間を集めて、みんなでクエストツアー、なんていうのも楽しいですよ。

さて、次回はMVPボスモンスターについて書いていきたいと思います。
強さはズバ抜けているけど、億万長者となりえる魅力を持つMVPボスモンスター。
何も知らずに戦えば全滅必至でも、倒し方を知っていると……?


ef08828e.jpg


今回の余談コーナー、「トール火山の秘密クエスト」。
緑ハーブとゼロピーとミルクを確率で食い続けるこの花子なるラクダ。
最近仕様が修正され、緑ハーブ300個くらいでなんとかなるようになったみたいです。
以前は600個くらいが平均だったみたいです。でも僕は以前1500個くらい食われました。
累計では3キャラクターで4000個近い緑ハーブを食われました。
きっと花子には、僕を含む何人ものプレイヤーの憎しみが……。
悲劇を経験した同志求ム。






コメントへの返信

たくさんのコメントありがとうございます。
手厳しいご意見もありますが、それも皆さんの思い入れあってのことだと思います。
"ちしきばこ"と銘打つブログですから、話題に応じて職業やステータス、
スキル構成などが多少偏ってしまうことは否定できません。
でも、皆さんのいろいろなコメントやご指摘も、この公式ブログの大事な一部。
僕もコメントを見て、一層おもしろい内容にできるよう努力しますので、
暖かく見守っていただけると幸いです。



■ねぎのプロフィール
趣味はゲーム、得意なことはやり込み。あまりにゲームが好きすぎて、気がつけばライターに。
ゲーム雑誌では、週刊ファミ通、ファミ通PLAYSTATION+などで、ゲームの紹介や攻略記事を執筆。
オンラインゲームはこれまで雑多に遊んできたが、本拠地は「ラグナロクオンライン」。
公式ブログを書かせてもらっていますが、社員のRoccaさんとは違い、皆さんと同じ一般プレイヤーです。
また、スクリーンショットはブログ用のキャラを使用して撮影。
いろいろなワールドで撮影させてもらっています。

運営チームのオシゴト

d4c57a13.jpg
こんにちは、ラグナロクオンライン運営チームのRoccaです。

運営チームコラム第2回は、「運営チームの仕事」についてお話したいと思います。
ラグナロクオンラインの「運営」という点でメインとなっているのは、下記のふたつの部署です。

●アップデート対応や韓国から来たパッチの適用、日本独自の企画やイベント制作、検証などを行う「制作チーム」
プレスカンファレンスでアップデートの発表をさせていただいたり、インタビューを受けたりするのもこのチームです。
そのため、一番ユーザーの皆さんに「顔が見える」担当かもしれません。
日本での、ラグナロクオンラインのゲーム自体を作っている部署です。

●キャンペーンやタイアップの企画、くじやパッケージの制作、公式サイト運営などを行う「マーケティングチーム」
私が所属しているのはこちらです。
前回お話させていただいたようなプロモーション関係、マーチャンダイジング関係、
Web担当による公式サイトの制作などが挙げられます。
ラグナロクオンラインをどうやって見せていくかという部分を担っている部署です。

例えば、いつアップデートを行い、どんなキャンペーンを実施し、いくつ商品を出すのか、
などといった計画は、この2つの部署で相談して決めていくことになります。
細かいところで言えば、

「クエストで使う緑ハーブの必要数緩和は、このタイミングでいいかな?」
「パッケージのアイテムの性能、これでいきたいんですが」

といったことも、両方の担当者同士で相談しながら決めていってます。

そのほかの担当部署としては、

リリース発信やメディアとのやり取りを行うチーム、
ネットカフェでの展開を行うチーム、
ゲーム内の不正行為の取り締まりや監視を行うチーム、
サーバーのトラブルなどを監視するチーム、
コールセンターなどユーザーの皆様からの問い合わせを対応するチーム、
アトラクションセンターなどのシステム関係、

などなど……とても全部は書ききれません!
取材やイベントでユーザーの皆さんに顔をお見せする担当者だけでなく、
「縁の下の力持ち」的な役割を持った多くのスタッフの手があってはじめて、
24時間365日、ラグナロクオンラインを運営していくことができています。


そんな多くの人が関わっている「ラグナロクオンライン運営チーム」ですが、
この中で制作チームだけは少し離れたオフィスの方にいます。

実は私、打ち合わせなどでこちらのオフィスに行くのが楽しみで仕方ありません。
だって、ビルのオーナーさんが1階ロビーで猫を飼っているんですもの!
人に慣れている猫なので、ふにふにと前足を撫でたりするのが至福の時だったりします。
「にゃんこちゃ〜ん、会いたかったよぅ〜元気だった〜?
などと言うまさに「猫なで声」を、運悪く制作チームの面々に聞かれたりすると、
恥ずかしいことこの上ありませんが……。


さて、次回は「初めて作ったパッケージ」について書かせていただこうと思います。


コメントへの返信

必ずしもすべてのコメントにお返事できるわけではありませんが、
可能な限り返信をしていきたいと思います。


> 今は殴りスナをやってますよ。
殴りハンターでも珍しいと思いますが、スナイパーとは!
私もぜひやってみたいですが、まずスナイパーにするのに2年くらいかかりそうです(笑)。

> 珍ステさんいらっしゃい、みたいな記事とかあってもいいかもね!!
いわゆる「珍ステキャラ」が作れる自由度の高さも、
ラグナロクオンラインの大きな魅力のひとつだと思っています。
皆さん自慢の「珍ステ」紹介、などもあってもいいかもしれませんね。
そんなキャラの戦いをぜひ、動画コンテストで応募してください!
Archives
Categories
バナー・使用素材
お楽しみリンク
ポ三郎のツイッター 公式facebook
QRコード
QRコード
● 重要なお知らせ ●
電話認証を導入いたしました

記事検索
ガンホーちゃんねる